杉並総支部ニュース発信

杉並総支部ニュースを作成しました。

202005 公明党総支部ニュース

コロナに関する主な支援策【杉並版】

杉並区では、特別定額給付金のオンライン申請が11日から始まりましたが、手続きの困難さから苦情の声が寄せられ、

相談に来庁される方が増えております。

感染拡大防止のために、明日から電話相談窓口を開設いたしました。ぜひこちらをご利用ください。

杉並区特別定額給付金コールセンター

郵送申請に関するご不明な点(金融機関の口座がない等)は、お問い合わせください。

電話:0120-798-063(フリーダイヤル)

受付時間:令和2年5月18日~9月30日の午前8時30分~午後6時30分(土曜日・日曜日、祝日を含む

 

また、明日より世帯主へ申請請類の郵送が始まります。必要事項を記入の上、本人確認の写し、振込口座の写しを

貼付の上、郵送いただければ手続き完了ですので、郵送方式をご利用いただければ幸いです。

尚、この度のコロナ禍は国難との認識のもと、生活保護受給者にも支給されることとなっております。

収入申告の必要はございませんので、書類が届きましたら申請されますことをお勧めいたします。

令和2年度杉並区一般会計補正予算(第2号)成立

国の「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」に基づく事業等について、緊急性の観点から本日臨時会が開催され補正予算

が可決・成立いたしました。

補正予算の内容は、コロナ禍により全国民が大きな影響を受けている状況下、ひとり一律10万円を給付する「特別定額給付

金」子育て世帯への臨時特別給付金、感染拡大防止のため区有施設のトイレ手洗い自動水栓化の経費です。

「特別定額給付金」の申請について

〇オンライン方式=受付開始13日~ 口座振込18日以降

〇郵送方式=18日~申請書類世帯主へ発送 発送終了日翌日から受付開始 口座振込25日以降

27日特別定額給付金担当を設置し、5月1日~8日までDV被害者に関する自治体間の連絡調整を行い、迅速に確実に給付金を届

けられるよう全力で進めてまいります。 

特別定額給付金の事業概要とコールセンターのご案内(2年4月22日、5月1日更新)

 

ページ番号1059712  更新日 令和2年5月1日 印刷 

国は、本年4月20日に、「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」を閣議決定し、簡素な仕組みにより迅速かつ的確に家計への支援を行うため、区市町村を実施主体として、特別定額給付金事業を実施することとしました。

これを受け、杉並区では、5月中旬以降、オンライン申請方式による受付を開始するとともに順次郵送申請方式のご案内を全世帯へ郵送できるよう、準備を進めています。詳細が決まり次第、広報紙やホームページ等でお知らせします。

現時点で、国が示している当該事業の概要は、以下の総務省ホームページをご覧ください。

また、国は、以下のとおりコールセンターを設置していますので、ご案内します。

総務省特別定額給付金コールセンター

電話:03-5638-5855

受付時間:午前9時~午後6時30分(土曜日、日曜日、祝日を除く)

配偶者からの暴力を理由に杉並区に避難している方への特別定額給付金に関する支援のご案内(2年4月23日、28日更新)

 

ページ番号1059745  更新日 令和2年4月28日 印刷 

特別定額給付金は、住民基本台帳に登録されている者の属する世帯の世帯主から申請を受け付けて世帯分を支給するものですが、配偶者からの暴力を理由に杉並区に避難している方で、事情により令和2年4月27日以前に、現在お住まいの杉並区の住所地に住民票を移すことができない方は、所定の手続きをしていただくと、次の措置が受けられます。

1 措置の内容

世帯主でなくとも、同伴者の分も含めて、杉並区で特別定額給付金の申請を行い、給付金を受け取ることができます。手続きを行った方とその同伴者分の特別定額給付金は、世帯主(配偶者など)からの申請があっても世帯主には支給しません。

2 申出の期間

令和2年4月24日(金曜日)から 4月30日(木曜日)まで(土日祝日除く)

令和2年4月30日(木曜日)を過ぎても申出をすることはできます。

3 手続きの方法

「特別定額給付金受給に係る配偶者からの暴力を理由に避難している旨の申出書」と必要な書類を「4 相談先」に提出していただくことになりますが、個々の事例により必要書類が異なりますので、必ず事前に電話で連絡してください。

4 相談先

  • すぎなみDV専用ダイアル

    電話:03-5307-0622 時間:午前9時~午後5時(土日祝日除く)
  • 杉並福祉事務所荻窪事務所

    電話:03-3398-9104 時間:午前8時30分~午後5時(土日祝日除く)
  • 杉並福祉事務所高円寺事務所

    電話:03-5306-2611 時間:午前8時30分~午後5時(土日祝日除く)
  • 杉並福祉事務所高井戸事務所

    電話:03-3332-7221 時間:午前8時30分~午後5時(土日祝日除く)

5 その他

国は、以下のとおりコールセンターを設置していますので、ご案内します。

総務省特別定額給付金コールセンター

電話:03-5638-5855

受付時間:午前9時~午後6時30分(土日祝日を除く)

持続化給付金Q&A

持続化給付金Q&A

2020年4月25日付

 

 

 

 

 

 

■売上半減に最大200万円/オンラインで手続き NPO、農業法人も対象

公明党の推進で2020年度補正予算案に盛り込まれた、収入減の中小企業や個人事業主に給付する「持続化給付金」について紹介します(今後、変更される可能性があります)。

持続化給付金

 

持続化給付金

――給付対象は。

資本金10億円未満の中堅・中小企業、小規模事業者やフリーランスを含む個人事業主です。医療法人や農業法人、NPO法人、社会福祉法人など会社以外の法人も対象になります。今年1月から12月までのいずれか1カ月の売り上げが、前年同月比で50%以上減っていることが条件です。

――給付額は。

法人200万円、個人事業主100万円が上限です。給付額は、昨年1年間の売り上げからの減少分を上限としていますが、昨年創業したばかりの人なども検討されています。給付金は申請者の口座に振り込まれます。

――申請方法は。

オンライン申請を基本とし、今後、事務局が開設されます。ただ、そうした申請が困難な人に向け、完全予約制の支援窓口も順次設置される予定です。

――必要な情報は。

想定されているのは、住所と口座番号(通帳の写しなど)に加えて、▽法人番号または本人確認書類▽2019年の確定申告書類の控え▽減収月の事業収入額を示した帳簿(書類の様式は問わない)――などを用意する必要があります。

■GW明けから支給へ

――支給開始時期は。

経済産業省は、20年度補正予算成立後に申請の受け付けを始め、ゴールデンウイーク(GW)後、速やかに給付を始めたいとしています。

詳しくは、経済産業省「中小企業 金融・給付金相談窓口」(0570・783183)へ。受付時間は平日・休日とも午前9時から午後5時まで。