自転車接触事故防止

dav  sdr  sdr

自転車の接触事故で怪我を負われた方からご相談をいただき、丁字路が目立つように煉瓦色に路面舗装をして頂きました。更に南に同じような場所があったので、そちらも合わせて行っていただきました。

人が来るかもしれないという意識で運転することが大切です。効果がありますことを願っています。

杉並区は自転車が関与する事故が東京都の平均を上回っています。自転車が関与する事故の減少を目指して、自転車ネットワーク計画を策定し、28年から自転車の左側走行を促す自転車ナビラインを設置していますが、33年までに区内24キロメートルに進めてまいります。安全で安心な生活道路が拡がっていくようこれからも取り組んでまいります。

 

予算特別委員会

IMG_2482-1 IMG_1672-1

30年度予算の審議を行う予算特別委員会が3月2日から3月14日の期間開催されました。

私は簡易水道消火器具、防災市民組織、帰宅困難者対策、子ども・子育てプラザ児童館事業、生活困窮者等自立支援事業、ファミリー・サポート・センター、子育て応援券、心肺蘇生教育、命の教育について、これまで区民の皆様から伺ったご意見や視察した先進自治体の取組などを通して、区民の命と暮らしを守るとの思いで質問に臨みました。

詳しい質疑の内容は杉並区議会ホームページをご覧ください。

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

平成30年度予算特別委員会

IMG_1683

3月6日 

①水道栓を使用した初期消火器具に対して、良い器具を設置してくれたと嬉しい声が届いている。一方で存在を知らなかったり、申込用紙に気づかず、設置できなかった自治会もある。普及と収納方法について丁寧な周知を求める。

②ライフラインが途絶えても、在宅避難生活の中で温かい食事が作れる、また、乳幼児が食べやすい防災食の工夫など訓練で行う場合の食材費は、防災活動に資する経費として認めるようになったことを、「東京くらし防災」ブックの配布と共に区民に丁寧な周知し、制限なく訓練が行えるように求める。

③30年度予算に帰宅困難者マップの作成、「すぎナビ」に避難経路表示情報を追加する予算が重点事業として計上された。しかし、大地震発災時、電気が復旧するまで街は真っ暗になる。暗闇でも遠方からも良く見える情報伝達に役立つアンブルボードを提案する。また、一時日滞在施設の備蓄品には、高齢者、乳幼児、障害者など多様な避難者を想定した対策が重要。特に液体ミルクの導入を求める。

概ね良い答弁をいただきました。区民の生命と財産を守る!!30年度予算としてまいります。