山本ひろこブログ

女性の健康週間 記念街頭演説

FB_IMG_1430964658548

3月1日から8日は、女性の健康週間です。介護を受ける要因は男女で違いがあります。

女性は、骨粗しょう症や関節炎など運動機能の低下による要因が第1位です!!

男性はメタボ、女性はロコモ(運動機能)に注意をしていくことが大切です。

特に女性は一生の中で妊娠や出産、閉経によりホルモンのバランスが大きく変化します。

一生を通して健康で丈夫な体をつくっていくことの努力が欠かせません。

ロコモティブシンドローム予防にチェックシートを配り呼びかけをしました。

 

 

水道栓を使用する初期消火器具の視察

image  image  image image  image  image image

震災時、同時火災の発生による合流火災から街を守りたい!!救える命と家を守りたい!!

そのためには、燃え拡がらない街をつくることです。木造密集地域の耐震化、不燃化、狭あい道路の拡幅整備・・・

しかしすべて時間がかかること・・明日、発生するかもしれない地震への備え・・やはり、自分たちの手で火を消すこと!!

これが一番早くできる備えです。

そんな思いから、探し求めていた初期消火器具にやっと出会うことができました。

特許を取得したノズルとホースがセットされたリュックを背負い、火災発生現場に向かい、青いアダプターを近くの水道栓にセット

ホースをつなぎ、水道の蛇口を全開に、火に向けてノズルのフックを開ければ消火スタートです。

車が乗っても潰れず、曲げても折れないホース、水玉になって飛んでゆく水が水蒸気となって消火を速めます。

住宅都市の杉並区は昼間人口は高齢者や子どもが多いのです。子どもでも高齢者でも消火できる器具です。

別名「一人でできるバケツリレー」だそうです。早速、提案していきたいと思います。

震災救援所防災訓練

CIMG3012 CIMG3013 CIMG3016 CIMG3017 CIMG3018 CIMG3020CIMG30071  CIMG30093

今日は、杉八小学校・震災救援所の訓練に参加してきました。
マンホールトイレ、簡易トイレ、バルーン灯光器、スタンドパイプ等実物を見て、触って、体験することできました。
マンホールトイレは地面に固定できるものだそうで、手すりがあり、高齢者や妊婦の方などにも使用しやすいと思いましたが、

簡易トイレはバケツの上に便座を乗せたもので手すりはなく固定もされていないので、立ったり座ったりが困難だと感じました。

スタンドパイプは、軽量で、女性にも簡単に消火活動が出来ました。水圧により建物の3階部分まで消火活動が可能です。
公明党の提案により、昨年、震災訓練所である全小中学校に配置されています。
さらに町会に1セット配置できるように提案してまいります。